BLOG

不動産コンサルタントの菊池です。
暑い日が続きますね、空き家や留守宅の巡回にはたいへん厳しい季節です。
閉めきっていた部屋はとにかく暑いですから、入った瞬間に汗が噴き出ます。
暑い季節、海外転勤などで家を長期間留守にする場合、忘れがちなポイントがあります。
それは、冷蔵庫を空にすることです。
あたりまえ、あなたはそう思うかもしれません。
しかし、冷蔵庫に物を残したまま家を留守にされる方はとても多いのです。
私が管理している留守宅では、「冷蔵庫の中に残したものを処分してほしい」とのご依頼が、たびたびあります。
調味料などが残っていることが多いのですが、何年も留守にするので、これらも使用期限は過ぎてしまいます。
思い切って出発より早めに捨ててしまう方が良いでしょう。
弊社の留守宅管理・空き家管理では、建物内にある程度物が残っていてもお引き受けしているので、こういう細かい処分品などはご指示をもらいながら、こちらで処分しております。
冷蔵庫にはけっこう物が残っていることが多いので、処分する機会も多々あります。
これから家を長期間留守にする、留守宅にする、そういう場合、冷蔵庫の中については必ず空にしておきましょう!!

The following two tabs change content below.
ファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタント。2008年からFPとして住宅ローン、住宅購入の相談業務開始。2009年には株式会社BLPを設立し、空家管理、不動産投資、不動産経営のコンサルタント業務を行っている。