留守宅管理・空き家管理で雑草を抜く日々

不動産コンサルタントの菊池です。
5月の空き家・留守宅の巡回と報告書の提出が終わり、やっと一息ついたところです。
最近はかなり暑くなり、管理物件の庭がたいへんなことになっています。
雑草がかなり大きく育ってきています。
基本的には除草剤を使用しているので、それほど大変な作業ではないはずなのですが・・・
留守宅管理を受託している物件については、その多くが築年が新しい家で、除草剤の使用を承諾いただけない物件も多いのです。
除草剤が使用できないとなると、とにかく手で抜き取るか、道具で根っこから掘り起こしていくしかありません。
13052801

よく見るのがこの雑草。
調べてみたのですが、どうやらウラジロチチコグサというらしいです。
これはけっこう抜くのがたいへんです。
やはり除草剤は使用したいところです。

The following two tabs change content below.
不動産コンサルタント・ファイナンシャルプランナー。大手住宅会社、上場不動産会社など住宅、不動産業界で15年勤務したのち独立。2009年から留守宅管理、空家管理を開始。自ら現場に立ち、管理を実践する空き家管理人。

関連記事

  1. 浄化槽を利用している留守宅についての注意事項

  2. 空き家の場合、庭の木も要注意

  3. 移住や転勤 自宅はどうすべきか? 主な3つの対応策

  4. 除草作業

    留守宅の雑草処理に必ず必要な物

  5. 高齢化するニュータウンで維持しなければならないもの

  6. 留守宅、空き家では火災保険はどうなるの?