BLOG

海外転勤により留守宅となった物件の管理業務では、主要な業務に、郵便物の転送があります。
留守宅管理の巡回時には、毎回、郵便受けの中を確認し、郵便物があれば、これをリストにして報告します。
そのリストから転送の要、不要をご判断いただき、転送することになります。
郵便受けの郵便物を回収した際に、時々、郵便物が濡れていることがあります。
私の経験では、郵便物が濡れてしまうのは、門扉に埋め込まれたタイプの郵便受けの場合です。
どうやら門扉に埋め込まれるタイプの郵便受けは、雨が降った時に、雨水が少なからず入ってしまうようです。
雨水はどこから入ってくるのでしょうか?
普通に考えると、口金の部分だと思われます。
よく見ると、郵便受けの下には、穴が開いています。
この穴から雨水が入ることも考えられます。
原因を特定し、対策を教えるため、郵便受けを製造しているメーカー(P社)の相談窓口に問い合わせてみました。
担当者に相談した結果、「郵便受けには水が入るもの」だそうです・・・
郵便受けは口金から雨が入ってくるため、それを抜くために底に”水抜き穴”があるのだそうです。
弊社が管理している留守宅、空き家の場合、通常の契約では、月に1回の巡回となっています。
月に1回しか郵便物を取り出せません。
1ヶ月の間に雨が降ってしまうと、郵便物は濡れてしまいます。
留守宅管理会社による転送という方法では、郵便物が濡れてしまう可能性があります。
やはり、常時受け取れるところへ転送する方が良いでしょう。
海外転勤の場合、留守宅に郵便物が届かないように、郵便局に転送届を出しておきましょう。
転送先には実家を指定する方が最も多いようです。
実家の親であれば、届いた郵便物を開封してもらい、中身を確認してもらうこともできます。
郵便物のうち、特に重要なものについては、転送してもらえばよいですし、スキャナーがあれば、PDFデータにしてメールしてもらうことで、郵便料金も時間も節約できます。
実家に郵便物を転送する方法が、海外転勤者にとっては最も良い手法と言えます。

The following two tabs change content below.
ファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタント。2008年からFPとして住宅ローン、住宅購入の相談業務開始。2009年には株式会社BLPを設立し、空家管理、不動産投資、不動産経営のコンサルタント業務を行っている。