BLOG

地方都市では、プロパンガスの使用が一般的です。
プロパンガスの地域では、長期間、空き家になっているのに、ガスボンベが残されたままになっている物件もあります。
人に貸したり、自ら使用する予定がないようであれば、できるだけ早くガスの使用停止手続きを行い、ガスボンベを引き上げてもらいましょう。

空家において心配なのは、火災です。
誰も住んでいないので火災に気付くのが遅くなり、お隣に延焼してしまうかもしれません。
空家においては、火災の原因になりそうなものは徹底的に排除しなければなりません。

今後、使用予定が全く無い場合には、ガスメーターも撤去してもらうとよいかと思います。
しかし、いくら使用する見込みが無くても、解体する場合以外にはメーターを撤去してもらうことができないかもしれません。
メーターもガスボンベも撤去した場合、プロパンガスを供給していたガス会社がどこなのかわからなくなるからです。
ガス会社としては、この家はうちの会社が供給しているのだと認識してもらうために、ガスメーターだけでも残さざるを得ないのです。
プロパンガスの場合、ガス配管の工事費をプロパンガスを供給するガス会社が負担していることがよくあります。
工事代を負担するかわりに、長期間のガス使用契約を得ているので、途中で他社に乗りかえられると損失が出ることもあります。
そのため、プロパンガスの契約を他社に切り替えたり、都市ガスに切り替えたりした場合、配管の買取を要求されることもあります。

ガス会社がガスの配管を保有している根拠としては、ガス供給についての契約書でわかります。
契約書内には、配管の買取等についても定められているのが一般的です。
しかし、売買などで所有者が変わったりすると、プロパンガスの供給契約書が引き継がれない場合もあります。
築後、数十年が経過した住宅においては、ガス配管工事代の償却が済んでいて、ガス会社を換えたり、供給契約を解約したとしても問題にならないことが多いですが、築年数によっては要注意です。
手元に契約書が無いのであれば、ガス会社にガス供給契約の内容について確認をしておく必要があります。

The following two tabs change content below.
ファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタント。2008年からFPとして住宅ローン、住宅購入の相談業務開始。2009年には株式会社BLPを設立し、空家管理、不動産投資、不動産経営のコンサルタント業務を行っている。